静岡県伊豆の国市を拠点に木造解体工事·内装解体工事を行う有限会社藤一です

静岡県伊豆の国・三島市で解体工事は藤一へ

内装解体

HOME > 内装解体

内装解体工事について

そもそも【内装解体】とは何でしょうか
解体は、今まで暮らしてきた建物やその内装を壊す、という行為ですが、壊すといってもそれが新たなスタートにもなります。今ある建物、内装を壊す、という行為は多くの人にとって初めての経験であり、どんな解体業者に依頼していいか分からず、安い費用だけで決めてしまうというケースが多々あります。ですので、解体工事後に追加請求や終わってみたらあちこち雑な部分が見えたり、また近隣の方がへのご挨拶を怠ったりなどして新たに建築どころでなくなった、という問題が多く起こる工事です。 店舗や住宅の内装部分を撤去、解体(壊す)して原状回復させ、元の通りに戻すことが内装解体工事です。物件や事案によって、どこまで内装解体をするかは違います。物件やお客様のご希望によってどこまで内装解体を行うかは一軒一軒違ってきます。壁はコンクリートを剥き出しの状態にまで戻すのかなど、賃貸会社やオーナー様との契約によって異なります。なので、内装解体をする場合は、賃貸会社やオーナー様としっかり打ち合わせをしておく必要があるのです。

有限会社藤一の内装解体工事5つのポイント

POINT 1不必要な費用を削減して現場調査での御見積り。

有限会社藤一は、現場に直接出向いて費用の御見積りを致します。
お電話や図面からの御見積りはおおよその金額しか出せませんし、実際に現場調査を行うことで撤去部分、出る廃材の量、運搬の経路などの確認し、より適正でお客様にとって無駄のない御見積りが出せます。
費用を出来る限り安くするためにも、お客様のお立合いの下、現場調査・確認を行います。

POINT 2安心の価格で解体工事。

木片やアルミ、鉄屑など撤去する廃材にそれらが混ざってしまっていると、廃棄処分費用は変わってきます。
全てを一律の料金で御見積りを出してしまうと、費用は高くなってしまいます。
有限会社藤一ではそれらを適切に積算致しますので、掛かる費用をお安くできます。

POINT 3自社施工で開始から完了までしっかりとしたご対応。

内装解体工事を請け負い、その工事自体を下請けの会社に丸投げする業者もいます。
中間に下請け業者が入る分、余計な費用が発生してしまいます。
有限会社藤一では、自社で請け負い、自社で施工します。
中間に下請け業者を入らないので余計な費用が発生しません。そしてお打合せ・内装解体も自社内でやりますので、迅速に対応することが可能です。

POINT 4お約束、期限を厳守します。

最初に定めた納期に工事を完了させることをお約束します。
仮に賃貸の物件の場合、納期の遅れによって、お客様の延滞賃料が発生してしまう場合もあることを理解しています。
ですので、最初に納期の確認をし、不測の事態を考慮して工事可能時間や廃棄物の運搬などを有限会社藤一で確認致します。

POINT 5気配り、配慮を徹底。

  • 契約と工事の内容についてきちんとしたご説明
  • 注意しなければならない既存の設備確認
  • ご近所様への気配り、配慮
  • お客様やビルのオーナー様からの指示

これらを最初にきちんと確認し、問題等起こらないように内装解体工事を行います。
問題等を未然に防止させることは、内装解体業者にとっての義務であると考えます。
有限会社藤一では、多数の現場経験から、お客様にご提案、ご確認をしながら工事を進めます。

解体工事までの流れ

STEP.1 お電話・メールフォームにてお問い合わせください

電話だけでおおよその御見積りを出してくれる業者もいますが、しっかりと現場調査を行うことでより適正な費用を出すことが可能です。 お客様のお立合いの上、家屋や建物内部を見させて頂き、より正確な御見積りを出します。また、口頭での御見積りだけでは実際に発注後の金額との誤差でトラブルになることもございますので、なるべく正確な御見積りをお出しします。まずはお電話やお問合せフォームでお気軽にご連絡下さい。折り返しご連絡させて頂き、今後の流れをご説明させて頂きます。迅速な対応を心掛けておりますので、最短で翌日には御見積りをお出しします。分からないことがありましたらお気軽にご相談下さい。

STEP.2 現場調査・お見積り

現場調査をさせて頂き、御見積りの作成を行います。
可能な限りお客様にもお立合い下さい。現場調査に基づいた御見積書を提出させて頂きまして、お客様にご確認、ご納得して頂いた後、契約となります。
家屋や建物の内部状況や構造、外構などをじっくり見させて頂き、近隣の状況などを確認させて頂きます。
些細なことでも分からないことがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

STEP.3 ご契約

お客様に提出した御見積りをご確認して頂き、ご納得して頂けましたら正式契約とさせて頂きます。
分からない点やご要望などありましたらご納得して頂けるまでご相談下さい。
打ち合わせ通りの日程で解体工事を始めさせて頂きます。

STEP.4 各自治体へ必要書類の提出

建設リサイクル法で定められた届け出が必要な場合がありましたら、各自治体への届け出を代行して行います。
解体する建物の面積が80㎡以上のものについて、解体工事の際に届け出を提出することが義務付けられています。

STEP.5 近隣へのご挨拶

実際に解体工事が始まると、ご近所の皆様には騒音などでご迷惑をお掛けすることになります。ですので、開始する前にご近所様へのご挨拶に伺います。 もし可能であればお客様にご同伴して頂けたら幸いです。(新築や建て替え工事後に挨拶をしなかったことで住みづらくなったという話を聞きます)工事開始前に順当な解体工事が行えるよう、藤一のスタッフがご近所の皆様にご挨拶と工事のご説明をさせて頂きます。
ご挨拶の際には、工事期間と弊社の連絡先が載った挨拶状と粗品を持参致します。ご安心して藤一にお任せ下さい。

STEP.6 引込配管・配線の撤去の手配

解体工事前に、解体工事において妨げとなってしまう電気、ガス、上下水道、電話の引込配管・配線撤去の手配を行います。
事前のお客様とのお打ち合わせの中で配線撤去の方法などを決めさせて頂きます。

STEP.7 解体工事の着工

解体工事を開始させて頂きます。
工事期間中の防音シートや防音・振動・防塵対策をきちんと行い、ご近所の皆様へ配慮した解体工事を行います。
また、現場環境や状況に応じて、万全な安全対策を行います。

STEP.8 マニフェストの提出

一般的にあまり知られていないことだと思いますが、【マニフェスト】とは産業廃棄物の排出事業者が運搬処理などを他の業者に依頼する場合、廃棄物の流れを確認し、最終処理が行われるまでを記録し管理するシステムのことです。解体後の産業廃棄物の不法投棄を防止するため、現場から出た廃棄物がどのように処理されたかが記載されたマニフェストを作成します。 解体で出た産業廃棄物につきましては、藤一が責任を持って廃棄いたしますので、ご安心ください。

STEP.9 お引き渡し

整地した後は、お客様のお立合いの下、契約書通りの状態になっているかのご確認をして頂きます。ご納得して頂けたらそこでお引渡しとなります。
お引渡しの際、滅失登記を行う時に必要になる書類を提出させて頂きます。
ご希望であれば、滅失証明の提出代行も行いますのでお気軽にご相談下さい。